Lab主宰からのメッセージ

初めまして。主宰の米田真希子です。
 

ラボではラボ生の皆さんと様々な実験をしていきますが、その中でも特に今まで聞いたことがない音が出た時、

「えっっっ?」「何が起こったんだろう?」。。。

。。。。。。。。「でも、なんだか凄く良い!」

この瞬間をラボ生の方達と共有することが、私は鳥肌が立つほど嬉しいです。それが全ての始まりだからです。

私自身、ドクターストップがかかり、そのあとも痛みが消えず、すがるような思い出行った初めてのボディーコンシャスネスのレッスンで、「一体何が起こったかわからなかったけれど、今まで弾けなかったピアノが弾けた」時の驚きと感動は今でもはっきり覚えています。

→ラボの背景を知る

少しだけ私の過去をお話しさせてください。

私は2011年にそれまでの日本での音楽活動を休止し、ブラジルへ単身渡りました。

日本ではNHKやモーションブルー横浜、5つ6つ星ホテルでの演奏など、最高の環境で演奏させていただいておりましたが、いつ演奏していても「何かが違う」と感じていて、カリフォルニアでのブラジルキャンプに参加してから「現地で演奏したい」という渡伯の思いが強くなっていきました。

ブラジルで私の音楽は180度転換しました。

今まで、まるで教科書を読みながら「正しく」音楽を奏でよう!としていた私は、音楽を楽しむことの醍醐味を教わりました。

自分らしく、自分の感じた通りに表現する。それは恥ずかしいことではなく、プロミュージシャンとして求められることでした。そして常に音楽的創造性溢れる仲間たちがいました。今まで考えたこともなかった曲作り、自分のオリジナルCD制作もそんな変化の過程から生まれました。

不明な点、聞きたいことがありますか?

→今すぐ相談する

ただ、ずっと自分の中で

「自分の勝手で日本を出たのだから、結果を出さなければいけない。認めてもらわなければいけない」。

そんな気持ちがあったと思います。

何度も腱鞘炎を重ね、常に腰痛のヘルニアや慢性の肩こりに悩みながら、止まることなく仕事を続け、結局、絶好調だった時にドクターストップで弾けなくなりました。

どうしていいかわかりませんでした。

その頃、ちょうどリオのブルーノートからの演奏のオファーもあり、

「こんな素晴らしいチャンスは絶対に逃せない!でも、弾けない、、、。」。

そんな状態で、本当にどうしたらいいかわかりませんでした。

でも、正直なところ、少し救われたような気持ちもありました。

「ドクターストップは言い訳になる。これで、少し休めるかも」

そんな自分ではどうしようもなくなっていた時に出会ったのが、アレクサンダーテクニークでした。

自分のメンタルと痛みの反復などと付き合いながら、2年間252時間時間の音楽家のためのアレクダンサーテクニーク教師養成コースでの学びを終えました。

その頃の詳しい様子はこちらに書きましたので、お時間があれば読んでいただければと思います。

→プロフィール

__________

このラボではブラジルで教員資格を取った「音楽家のためのアレクサンダーテクニック」をベースに、解剖学、非暴力コミュニケーション、ネガティブケイパビリティ、禅、古武術などの情報も活かしていきます。

しい学び内容はこちらに書きました。

ラボで学ぶ事を知る

ラボでは一つ一つ実験を通して体感していきます。

あなたの体感として、あなた自身を知っていき、悶々と悩む音楽生活にさようなら!できること、

そして「自分ってこんな音楽的可能性があったんだ!」ということに気づき、あなただけの音楽、人生を作っていかれるきっかけにして頂きたいです。

音楽的知識や専門的な治療が必要な方もいらっしゃいますから、このラボが唯一の解決手段ではありません。

ただ、正しい姿勢とは何か?正しい弾き方とは何か?などとあなた以外の情報に目を向けるのと同じように、むしろ、それよりもまずは最高の楽器であるあなた自身に意識を向けて欲しい。

あなた自身をもっと知り始めた瞬間からあなたの人生もあなたの音楽も本来のあなたらしく花開いていくでしょう!

あなたはすでに完璧です。

私と一緒にあなたの可能性を探っていきましょう。

​待っています❣️

不明な点、聞きたいことがありますか?

→今すぐ相談する

2019-06-16 17.23.08.jpg
  • グレーiTunesのアイコン
  • グレーInstagramのアイコン
  • グレーのYouTubeアイコン
  • グレーFacebookのアイコン
  • グレーSpotifyはアイコン