心と体の痛み解消Labで何を学ぶか

ブラジルで学んだアレクサンダーテクニックを基礎とした音楽家のためのボディーコンシャスネスをベースにすすめていきます。

 

あなたは練習をどう考えていますか?

昔の私にとって練習とは「ピアノに向かい指を動かし弾けるようになる」ことでした。

しかしそれは間違いでした。結果として慢性的な痛みに苦しみ弾けなくなるところまで行きました。

なぜだったでしょうか?

それは、演奏する上で一番大切な楽器である「私自身の心身」への学びが抜けていたからです。

 

世界のトップミュージシャン、例えばブラジル屈指のバンドリン奏者アミルトン・オランダは呼吸が演奏の上で大切なことを知っています。ハーモニカ奏者のガブリエル・グロッシも自らのオンラインコース(Reprograme Sua Mente Musical em 40 Dias)でメンタルにフォーカスを置いています。
他にもアレクサンダーテクニックを学んだ著名人は多く、その手法を取り入れた芸術学校は世界に存在します。

詳しくはこちらをご確認ください

この心と体の痛み解消Lab💀 では以下​4つを大きな柱と考えています。

​1、ボディーマッピング、心身の相関関係を知る

 

まずはボディーマッピング、あなたの体の構造を学びます。

自分自身のことはなかなか分かり難いものです。でも、その誤解が自然な動きの邪魔になっている場合が多いです。
 

試しにあなた自身の体の構造、骨を想像しながら描写してみましょう。そして、その後、実際のあなたの姿や解剖学の情報とを比べてみてください。

あなたが「思い描いている」あなたの体と「実際の」あなたの体には若干の違いがある事に気づかれたかと思います。

ちなみに↓は私が勉強し始めた頃に書いてみた骸骨(beforeが想像だけで描いた骸骨、Afterは確認してから描いた骸骨)です(笑)

 

このラボの目的は解剖学を学ぶ事ではありませんが、演奏する上で役にたつ解剖学については少し学びましょう。

あなた自身の体の構造の正しい情報を得ることが、日常の動きや演奏するための動きに大きな変化を及ぼします。

では、2つ目の重要な点である心身の相関関係を学ぶとはどういうことでしょうか?

「病は気から」、仏教の「心身一如」、ストレスが溜まって胃潰瘍になった、、など良く耳にします。

そう、心と体は切っても切れない関係にあります。

しかし、自分がどういう状態で生活しているのか、演奏しているのかを認識することは簡単なようでなかなか難しいです。

それは「自分の体の状態」は既に万全であることが前提で、何かの活動(食べる、歩く、話す、演奏するなど)を加えるので、活動の土台である「自分の体がどうなっているか」までは気が回らないのだと思います。

過度に力を入れすぎていたり、メンタルが緊張することで筋肉の緊張を生じるのですが、毎日繰り返すことで「筋肉の緊張状態」に慣れてしまっていて、それが「普通」になってしまい、繰り返す事で痛みを発症している方が多いのです。

アレクサンダーテクニックの創始者「F.M.アレクサンダー」もこう言っています。

Você traduz tudo, seja físico , mental ou espiritual em tensão muscular」(肉体的、精神的、スピリチュアル的かを問わず、全て筋肉の緊張に現れる)

私たちは痛みが発生したり、演奏上苦手な場所を克服しようとするとき、どうしても「片側」、つまり「心」か「体」にフォーカスしがちで、包括的に解決しようとしません。

そんな中、最近では医療の現場でサイコソマティックが重要視され始めてきたと聞くのは嬉しいことです。

このラボでは、まず自分自身の体と心に意識を向けることを学び、その過程で心身が相互に関係し合っていることを学んでいきます。そして心身が深く関わっているかを理解した時に痛みやパフォーマンスがどう変わるかなどを実験・体験していきます。

2、癖や習慣に気づく

あなたが赤ちゃんの頃、肩こりや腰の痛み、緊張などで悩んでいたでしょうか?
答えはきっと「ノー」。なぜなら体を自然に使っていたからです。


私たちの痛みや今抱えている課題は長年の経験から習得したあなたの癖や習慣が原因です。


例えば、

「背筋をまっすぐにして演奏しなさい!」

「しっかり重さを乗せて弾きなさい」

「間違ってはいけない」

「正しい姿勢で座りなさい」

「正しい答えを覚えて答えたら100点」など、

今までの生活の中で多くの方が言われてきたことだと思います。

 

「携帯を見ると前かがみになってしまう」、「いつも右足が上で足を組む」、「とりあえずいつもブラックコーヒー」などといった日常生活から、

「いつも歌う前に頭を後ろに下げている」、「右手に必要以上に力が入っている」などの演奏の場面に至るまで、

私たちは様々な癖や習慣を持っています。

 

一旦あなたが今持っている癖や習慣に気づき、それらと痛みの関係を知る事で、

今までとは違う体の使い方、考え方を見つける、選択することができます。

その結果、今までにない楽な体の状態、演奏方法の変化、新たな音質との出会いなどを体験します。

自分の癖や習慣を知ることが痛みの解消や演奏パフォーマンスの向上につながります。

このラボで新しいあなたの可能性をスタートさせましょう。

3、新しい実験

ラボで学んでいく上で大切なのは、楽しみながら「実験」をしていくことです。

【「私は〇〇をできるようになりたい」。では「△△をやってみましょうか」】

その実験には、例えば「支え」「三次元」「頭と首の関係」「セミスパイン」「指先への意識」「一旦停止」「思い込みチェック」「心身の相関関係」などのアレクサンダーが発見した様々なリソースやボディーマッピングを使っていきます。

これの繰り返しで、まずあなた自身に意識を向けることを覚え、

そこから「今のあなたにとって最も心地よい場所や弾き方」をあなた自身が体感していきます。

誰かが決めた正しいことや「やらなければならないことではなく、あなたにとってです。

とかく私たちは答えを早く求めようとしがちだし、前提として「答えがある」と考えがちです。

しかし、このラボでは「答えはない」ことを前提とし、当然答えを早く求めることもしません。

アインシュタインの名言の一つに“Information is not knowledge. The only source of knowledge is experience. You need experience to gain wisdom”というのがあります。

自分が体験する以上にいい方法はないことを明快に表しています。

あなたが興味を持って実験を繰り返し、その中で体感した感覚、耳にした新しい音こそが、

ラボ卒業後のあなたの最も大切な財産となっていきます。

4、新たな音との出会い​

あなたの体の構造、心と体の相関関係、癖や習慣に気づき、実験を続けることで、

今までのあなたからは出てこなかった「新しい音」と出会うことになるでしょう。
 

何か新しい技術や知識を学び続けることもとても大切です。


ただ、いつも新しい何か、「外側」にばかり目を向けるのではなく、

音を奏でている楽器である「あなた自身」に目を向けることで、あなたの音楽世界は大きく変わり、人生も変わっていきます。
 

日によっては聴きたい音が鳴らない時もあるかもしれません。

でも、今までのあなたであればそれにがっかりしていたかもしれませんが、
その考え方の癖に気づいたあなたは、「そういう日もある」と楽しめるかもしれません。


​あなたはすでに完璧です。

あなた自身を一緒に探索し、潜んでいる可能性を一緒に発見していきましょう。

IMG_2420.jpg
  • グレーiTunesのアイコン
  • グレーInstagramのアイコン
  • グレーのYouTubeアイコン
  • グレーFacebookのアイコン
  • グレーSpotifyはアイコン